函館ベイコーストカントリークラブ

お電話でのご予約はTEL.0138-73-2266

Webからのご予約はこちら ▶

COURSE

コース案内

自然と遊ぶために。
自然と闘うために。

広大な丘陵地の自然を最大限にいかしたコースが、ゴルファーの腕と知略を駆りたてる「函館ベイコーストカントリークラブ」。
グリーンが常に望めるストレートなホールながら、森や起伏、谷が意外性の連続を生む。変化に富んだ展開とともに目の前に広がる、
のどかな草地や駒ヶ岳、そして函館湾。ホールごとに移り変わる景色が、プレイヤーの目を奪うコースをご紹介致します。

RECOMMENDATION COURSE

No.07 428YDS. PAR4

征服した人に、
この美しさはさらに美しい。

ティーイングエリアに立つと、まず、左サイドに広がる函館湾から駒ヶ岳への一大パノラマに目を奪われるかもしれません。しかしフェアウェイ方向に目をやった瞬間、戦慄が走るはずです。すぐ前は、谷。そして、杉林に囲まれたフェアウェイには、いくつもの大きなウェーブが走っています。中央にはドイツトウヒの大木が6本。その根元部左に段差があるため、フェアウェイはいっそう狭く感じられます。フェアウェイ左サイドは、急斜面がグリーンの横まで続き、OBゾーン。強い圧迫感に襲われることでしょう。狙い場所は、ドイツトウヒの右側。ただし、海からの風がアゲインストになり、飛距離が落ちることを計算しておく必要があります。18ホール中、最も難易度の高いホールです。

No.12 423YDS. PAR4

函館に、海に、空に
開けたホール。

正面いっぱいに広がる、青い海と紺碧の空。グリーン後方に鮮やかな稜線を書き出す、函館山。足元からなだらに下っていく、緑の芝の絨毯。白球が空のブルーに吸い込まれ、緩やかな弧を描いてフェアウェイの緑の上へ。爽快感あふれるティーショットに、心躍るホールです。I・Pポイントから先は2段のフェアウェイがグリーンまで伸びています。右サイドから攻略していくことが、バーディ狙いのポイント。ドライバーショットの腕の見せ所です。この12番は、ゴルフの楽しさを深く印象づけるホールとして、プレーヤーの方々に多くの話題を提供することでしょう。

No.15 516YDS. PAR5

イーグルか、
はたまたトラブルか。

ティーイングエリア寄りのフェアウェイ左サイドに沢が大きく切れ込み、その先、グリーン100ヤード手前には深い谷が横断しています。第1打で距離をかせいだら、豪快に2オン狙いでイーグルに挑戦したいところ。しかし、左右に曲げると大きなトラブルが待ち構えているので気が抜けません。さらにグリーンと谷との間にはアンジュレーションも仕掛けられています。それだけに、セカンドショットの目標地点は、ティーショットの落とし所次第で大きく左右されます。谷越えの地点か、それとも手前か。クラブ選択に頭を悩ますところです。距離のたっぷりあるホールですが、飛距離以上に、正確な距離感と方向性が求められます。

COURSE LAYOUT

COURSE GALLARY

自然と共生する
ゴルフ場であるために。

素晴らしい景観。
ゴルフ本来の喜びを求めたコース設計。
北海道が育んだ豊かな自然の中で
プレーする開放感。自慢のコースを
ご紹介いたします。

No.01PAR4

Back Tee 394yd / Regular Tee 370yd
Front Tee 335yd

クラブハウスより函館山に向けて打つ、フェアウェー左側のバンカーと右側ラフのキャッチバンカーに注意。

No.02PAR4

Back Tee 324yd / Regular Tee 313yd
Front Tee 293yd

短いミドルホール左斜面の3本の木が狙い目、右側土手下はトラブルにつながる。

No.03PAR3

Back Tee 212yd / Regular Tee 186yd
Front Tee 152yd

ティショットは大きめのクラブで左から、グリーン上に3段のうねりがありピンポジションを考えて、距離を合わせる。

No.04PAR5

Back Tee 576yd / Regular Tee 546yd
Front Tee 512yd

ティショットはフェアウェー右側の1本杉が狙い目、左ドッグの打ち下ろしホール、グリーン右手前に池が待っている。注意が必要!

No.05PAR4

Back Tee 385yd / Regular Tee 362yd
Front Tee 331yd

上りのミドルホール、見た目より距離がタップリある。2打目のクラブ選択を考え、右から攻める方が賢明。

No.06PAR4

Back Tee 430yd / Regular Tee 408yd
Front Tee 368yd

1打目は打ち下ろし、無難なのはフェアウェー右の2本の木狙い、2打目は打ち上げ、グリーンは受けているが、うねりがあり難易度が高い。

No.07PAR4

Back Tee 423yd / Regular Tee 406yd
Front Tee 385yd

フェアウェー中央の木立を避けていずれかにティショットを、グリーン左に深いバンカーがあり、無難なショットは右から、グリーンは中央が盛り上がっており、ピンポジションにより攻め方を考える。

No.08PAR3

Back Tee 168yd / Regular Tee 153yd
Front Tee 138yd

距離のないショートホールだが、グリーン手前の池とガードバンカーに注意、グリーン上は中央奥がコブになっており左右に流れる。

No.09PAR5

Back Tee 578yd / Regular Tee 553yd
Front Tee 529yd

クラブハウスに向かって豪快に打って行く、全体に左側にトラブルがあるが、グリーン手前右の池は避けて、大きめのクラブで左から攻める、3打目が勝負どころ!

No.10PAR4

Back Tee 470yd / Regular Tee 451yd
Front Tee 425yd

長いミドルホールであるが、トラブル箇所が無いので函館山を目標に思いっきりショット!ハードヒッターには魅力のホールであるが、3オン狙いが無難。

No.11PAR3

Back Tee 195yd / Regular Tee 154yd
Front Tee 127yd

距離は無いがグリーン上は大きな2段グリーン上下の差を考え、クラブ選択に注意。手前から攻める方が賢明。

No.12PAR4

Back Tee 415yd / Regular Tee 400yd
Front Tee 375yd

ハードヒッターには夢の300ヤードが出るホール。函館山に向けて豪快に打ち下ろす。2打目はダウンスロープから、グリーン左のガードバンカーに注意。

No.13PAR4

Back Tee 403yd / Regular Tee 369yd
Front Tee 347yd

ティーイングエリアよりグリーンに向けて真っ直ぐ豪快に打つナイスショットでスコアアップが期待できる。

No.14PAR4

Back Tee 470yd / Regular Tee 410yd
Front Tee 372yd

当コースで最もタフな長い名物ホール、右に打つとセカンドで栗の木がスタイミーとなる。フェアウェー左から2オンにトライ!

No.15PAR5

Back Tee 513yd / Regular Tee 491yd
Front Tee 462yd

1打地点より前方左に谷が切れ込んでいるO.Bゾーンがあり、2打から3打地点中央にクリーク(O.B)が待っている。飛距離と球筋を考えながら攻めること。

No.16PAR3

Back Tee 197yd / Regular Tee 186yd
Front Tee 170yd

大きな谷(O.B)越え、グリーンは大きく2段グリーン上下の差を考えクラブ選択に注意、ファーストパットはピンの手前からが無難。

No.17PAR4

Back Tee 330yd / Regular Tee 310yd
Front Tee 281yd

直角に右ドッグレッグする短いミドルホール、2打目より打ち上げ、ダフりに注意、ショートアイアンの技が必要。

No.18PAR5

Back Tee 533yd / Regular Tee 520yd
Front Tee 493yd

景観の美しいロングホール、右のバンカーを越えて打ち下ろしショット次第では2オンイーグルも夢ではない。グリーン左手前の美しい池に注意。

OUT COURSE [YARD]

OUT 1 2 3 4 5 6 7 8 9
PAR 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36
Back Tee 394 324 212 576 385 430 423 168 578 3,490
Regular Tee 370 313 186 546 362 408 406 153 553 3,297
Front Tee 335 293 152 512 331 368 385 138 529 3,043
Lady’s Tee 305 270 120 475 311 330 350 108 485 2,754
左右にスワイプしてご覧ください

IN COURSE [YARD]

IN 10 11 12 13 14 15 16 17 18
PAR 4 3 4 4 5 5 3 4 5 36
Back Tee 470 195 415 403 470 513 197 330 533 3,526
Regular Tee 451 154 400 369 410 491 186 310 520 3,291
Front Tee 425 127 375 347 372 462 170 281 493 3,052
Lady’s Tee 343 109 333 308 355 382 88 255 424 2,597
左右にスワイプしてご覧ください

TOTAL PAR72 [YARD]

Back Tee 7,016 yard | 
Regular Tee 6,588 yar | 
Front Tee 6,095 yard | 
Lady’s Tee 5,351 yard

事業概要

名称
函館ベイコーストカントリークラブ
所在地
北海道北斗市柳沢地内
総面積
約126ヘクタール(約38万坪/100%自社所有)
事業主体
株式会社 函館ベイコーストカントリークラブ
コース概要
18ホール・全長7,016ヤード・パー72 レーディングコース 73.6
コース設計
日本国土開発株式会社
コース監修
日本国土開発株式会社
コース施工
日本国土開発株式会社
クラブハウス概要
鉄筋コンクリート造 地下1階、地上2階(総面積 3,551平方米)
クラブハウス設計
内藤設計株式会社
クラブハウス施工
日本国土開発株式会社
付帯施設
練習グリーン3面、練習場10打席、駐車場(237台収容)、コース売店2棟

RESERVATION

お電話でのご予約はTEL.0138-73-2266

Webからのご予約はこちら LINE@友達登録でカンタン予約
PAGE TOP